2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路駅前広場フィールドワークに参加して

商店街の去る11月7日、都市計画学会関西支部の主催、姫路駅前広場のフィールドワークに参加しました。

姫路駅連続立体交差事業に関連して駅周辺の北側で区画整理が行われている。
そこには駅前広場の整備が含まれている。駅前部分は今年度で概成とのこと。

〇駅前広場の当初の計画では、西側1/3には、多くの島式バースを備えたバス乗降場、中央付近には、タクシー乗降場待機場、東側1/3には、一般車乗降場・駐車場といった具合で、歩行者空間は非常に少なかった。計画では、地元の商店街が、駅との間に車の通る道路があり、今まで直結していたのが分断されると反対があった。
〇それを受け、市では、広場計画の案を公募した。
〇それらの案について、地元商店街や、NPO、区画整理の権利者、行政からなる、ワークショップのような協議会が持たれ、結果歩行者空間が大幅に増えた案が成立した。
〇その協議会を事務局で支えたのが、一般社団法人ひとネットワークひめじ理事の米谷啓和氏。氏は建築家と思われるが、この協議会前にも、グループで、議論してきたという。
〇さらに、駅周辺500m四方の街区は基本一般車進入禁止になった。警察との軋轢はあったが、最終は納得したという。
〇駅から姫路城にいたる大手通は、全幅50mだが、歩道は、東側18m、西側16mの広幅員の歩道を持つ。聞けば、6車線あった車道を4車線に縮小し、歩道を広げたとのこと。
〇まだ工事途中であるが、駅前広場を活用したイベントをバンバンやっている。
http://www.city.himeji.lg.jp/s70/2212598/_29914.html

駅前を歩行者の広場とする成功例だと思う。
(t.k)

姫路駅前広場フィールドワークに参加して »

スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。