2010-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山市中心部路面電車環状化好評

富山市内電車環状線化事業の概要より
中日新聞によると、富山市において、昨年12月24日に開通した、路面電車の環状線化が、利用者も順調に伸びているようです。




 富山市中心部で昨年12月に開業した、路面電車の環状線。マイカーの普及で一時は廃線が進んだが、新たに線路を敷き直して37年ぶりに中心街をぐるりと周回する。狙いは市街地の活性化だ。公共交通を生かした街づくりに、全国から注目が集まっている。
 車が行き交う街なかを、次世代型路面電車(LRT)が走る。白、黒、銀の3種類で、愛称は「セントラム」。低床式で車いすでも乗り降りしやすい。市内の主婦(77)は「外観がすてき。富山のイメージも明るくなる」と話す。
 昨年12月24日の運行開始から1カ月の乗降客は、環状線全体で1日平均3379人。新設区間にできた3つの停留所の乗降客は1日平均1450人となり、市の需要予測(1320人)を上回った。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010013002000242.html



 富山市セントラム
 地域デザイン研究会では、2006年に現地シンポジウムとして、富山市を訪れ、開業して間もない「富山ライトレール」を見学し、富山市の交通政策などについて、意見交換を行っています。
http://www.npo-rdi.com/siosai80/ToyamaTakaokaLRT.htm

 富山市は、所帯あたり自動車保有台数が全国のトップクラスであり、中心市街地の衰退や高齢者の移動の問題などの解決が求められていました。
 今回の路面電車環状線化によって、少しでも都心に人が戻って来ることが期待されましたが、最初の1ヶ月では、プラスに動いているようです。

 2016年にJR北陸本線の連続立体交差が完了した後、南北の路面電車を接続させることが構想されています。
 これが実現すれば、さらに公共交通での移動が容易になり、クルマに依存しない中心市街地活性化が進むことが期待されます。
(TK)
(路線図及び写真は富山市サイトから拝借しました)

スポンサーサイト

テーマ:地域公共交通 - ジャンル:政治・経済

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。