2013-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北近畿タンゴ鉄道の新たな動き

北近畿タンゴ鉄道については、年間約8億円の赤字を、京都府などの自治体が負担しているが、利用者の減少が続き、今回ダイヤ改正など新たな経営改善策が明らかにされた。

北近畿タンゴ鉄道、ダイヤ大幅見直し 特急の一部を快速に
2013/1/9 6:00
 京都府などが出資する第三セクター、北近畿タンゴ鉄道(KTR)は3月16日に運行ダイヤを大幅に見直す。一部区間で特急列車を快速に変更し、特急料金なしで乗車できるようにするのが柱。日常生活や近距離の出張で使いやすくすることで、沿線住民の利用を促す。
 特急「たんごリレー」について、天橋立―豊岡間など宮津線の一部区間を快速運転にする。停車駅や所要時間は原則、変えない。天橋立―豊岡間で昼間時間帯(午前9時~午後5時)に特急料金なしに利用できる普通列車と快速は2時間に1本ペースから、ほぼ1時間1本となる。
 これまで特急を利用するには、運賃に加えて最低320円を追加する必要があった。JR線から乗り入れる特急「はしだて」などは変更しない。
 4月1日には新車両「あかまつ」「あおまつ」の運行を始める。九州新幹線などを手掛けたデザイナーの水戸岡鋭治氏が設計した。若狭湾の景色を望める西舞鶴―宮津間などで普通列車として活用する。
 一方、「タンゴエクスプローラー」などで使っていた車両はダイヤ改正に伴って通常運行から除き、予備車として利用する。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJB0802Z_Y3A100C1LDA000/



沿線には天橋立など魅力的な場所が多く、北近畿タンゴ鉄道は欠かせない存在だが、ついつい車で行ってしまう。鉄道で行くことの魅力を企画・PRしていくことが必要と思われる。水戸岡鋭治氏設計の車両も魅力になる、出会いたい気がする。(tk)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。