2013-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北近畿タンゴ鉄道運行を担う民間会社公募

9月27日付け毎日新聞Web版で

北近畿タンゴ鉄道」:「鉄道会社を運営しませんか」
毎日新聞 2013年09月27日 19時31分(最終更新 09月27日 19時55分)

 京都府兵庫県の北部を走る第三セクター鉄道「北近畿タンゴ鉄道」(KTR、本社・同府宮津市)の経営難を受け、最大株主の京都府は27日、鉄道の運行などを担う民間会社を公募する方針を明らかにした。KTRは車両や線路などのインフラを保有する会社となり、「上下分離方式」で収支構造の改革を図る。10月下旬から公募し、今年度中に決定する予定。
 KTRは1988年開業。現在、宮津線(京都府西舞鶴−兵庫県豊岡)と宮福線(京都府宮津−同府福知山)の2路線を運行する。景勝地・天橋立などの観光需要もあるが、開業以来赤字が続き、12年度の経常損失は過去最悪の8億4149万円。沿線自治体の補填(ほてん)で存続している。
 府によると、新たな民間会社は、KTRに鉄道インフラの使用料を支払うが、逆に設備の管理委託料を受け取る。そのうえで、鉄道事業や関連ビジネスで収益を図る。現行の雇用やサービスを維持し、10年以上運営することなどが条件になる見込みで、バス会社など複数の事業者が関心を示しているという。
【土本匡孝】
http://mainichi.jp/feature/news/20130928k0000m040034000c.html



コメント
年間8億円もの赤字を出して、それを京都府兵庫県、沿線自治体が負担していましたが、ついに運行者募集という事態になったかという感じです。インフラ部分を切り離して、運営だけで、果たして黒字になるのかどうか、募集するからには、勝算はあるのでしょうか。引き続き注目です。(tk)
スポンサーサイト

テーマ:都市間交通 - ジャンル:政治・経済

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。