2014-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北近畿タンゴ鉄道、高速バス会社に運行委託へ

北近畿タンゴ鉄道、高速バス会社に運行委託というニュースがあった。

 鉄道運行と施設保有の「上下分離方式」移行で収益改善を目指す第三セクター、北近畿タンゴ鉄道(KTR、京都府宮津市)が、運行会社の候補となる「最適提案事業者」に、高速路線バス事業のウィラーアライアンス社(東京都港区)を選ぶ方針であることが10日、関係者への取材で分かった。近く取締役会で正式に決め、両社や沿線自治体の協議がまとまれば、本年度中に運行事業を委ねる。
 KTRの2012年度経常赤字額は8億4千万円。全国の三セク鉄道で最多の赤字が続き、毎年度、出資する沿線自治体の穴埋めで経営を保っている。
 上下分離の導入により、運行やサービス、地域貢献の向上で収入増を図る。昨年10月から1月まで運行会社を募った。関係者によると、4社が応募した。鉄道事業者ではないが、安全面の提案内容で評価が高かったウィラーアライアンス社を候補に選んだ。同社は「西日本ツアーズ」として大阪市で1994年創業し、高速バス事業を全国展開している。
2014年04月11日 08時53分 】
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140411000017



北近畿タンゴ鉄道は、天橋立など魅力的な観光地を沿線に持ち、大変有効な路線と思われるが、年間8億円もの赤字を京都府、兵庫県、沿線自治体が負担する補助金路線である。補助金路線は、経営努力のモチベーションを欠くといわれるが、KTRとしても、イベントの実施、車両の更新など努力はしていると思われる。
今回、ツアーバス会社ウィラーアライアンス社に運営委託することになったが、KTRとの役割分担、費用分担がまだ明らかになっていない。運営会社により、運行やサービス、地域貢献の向上で収入増を図るとされているが、今後の進展に注目である。(tk)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。