2014-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井知事、南海に泉北高速と地下鉄御堂筋線との相互総合乗り入れの検討を要請

6月13日付けのYOMIURI ONLINE によると、

 泉北高速鉄道を運営する第3セクター「府都市開発」(OTK、和泉市)の株式を750億円で取得する南海電気鉄道(大阪市)の山中諄まこと会長は12日、府庁を訪れ、松井知事と泉北高速と大阪市営地下鉄御堂筋線の相互乗り入れなどについて意見を交わした。
 松井知事が、中百舌鳥駅での相互乗り入れを本格的に検討するよう要請したのに対し、山中会長は「レール幅、(線路の)高低差など難しい問題がある。長期的な問題として取り組まなければならない」と述べた。
 相互乗り入れが実現すれば、和泉中央駅(和泉市)―千里中央駅(豊中市)間が直通運転される。しかし、レール幅は泉北高速が1067ミリ、御堂筋線が1435ミリと異なり、中百舌鳥駅での高低差も課題だ。
 府、大阪市交通局、南海の3者は相互乗り入れについて今春から担当者による協議を進めている。


(コメント)
南海高野線と中百舌鳥で乗り継ぐ場合、地下鉄に乗り継ぐ場合と運賃を比較すると、80円割引を考えても、和泉中央~本町、和泉中央~梅田、和泉中央~谷四の場合で、地下鉄の方が安くなる。利用者の利便性を考えると、地下鉄の相互乗り入れを行うのがいいと思う。
軌間の違い、第三軌条などについては、難しいが対応可能。
「長期的な課題」といっても、南海高野線の乗客増だけでなく、交通体系全体を考えて、検討することが必要と思う。(tk)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。