2018-02

両備バス・岡電バス78路線の内 31路線を廃止

両備バスと岡電バスは、岡山市や倉敷市などを走る路線バス78路線の内31路線を廃止すると発表した。
競争激化などで疲弊する地域公共交通を守るために決めたと説明。
岡山運輸支局に今年9月以降、順次廃止すると届け出た。
2002年の改正道路運送法で、バスの規制が大幅に緩和されたことで、不必要な価格競争などが起き赤字路線の維持が難しくなったということ。
1日約5500人に影響が出る見込み。
http://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?cat=1&id=20170609_7

何でこんなことが起こったのだろうと探していたら、両備グループの小嶋代表が記者発表していた。その詳細がWebにアップされていた。
すなわち、
>両備グループは、108年前からスタートし、地域の公共交通をになってきた。苦しい時期もあったが、市民の移動のためと歯を食いしばって頑張って来た。
>赤字路線もあるが、市民の足として欠かせないので、黒字路線で支えてきた。ところが、「めぐりん」を運営する八晃運輸(株)が、その黒字路線に競合する形で新たに路線認可を申請してきた。
>聞くところによると、当局は認可の方針という。
>こんなことが起これば、赤字路線も維持できなくなる。
>市民に迷惑をかけることになるが、これを前例として、日本全国規模での地域公共交通網の破壊という最も懸念すべき事態をが生じることを阻止するため、また地域公共交通の実態を知ってもらうため、敢えて、この度、両備バス、岡電バス両社の赤字路線の廃止届を出させていただいた。
>本来このような事態に対処するため、地域で関係者の協議会を持ち、地域公共交通維持の観点から十分議論されるべきなのに、それもなしに、認可されようとすることは問題がある。
>少子高齢化、人口減少の現状において、地域公共j交通を守り育てる観点からあえて問題提起した。
https://www.ryobi.gr.jp/message/4726/

こんな中、この記者発表の直後に、認可手続きがなされたということです。
https://www.ryobi.gr.jp/message/4730/

この件に関しては、名古屋大学加藤博和教授が山陽新聞に提言を寄稿されています。
地域の足なのだから、また公共交通が廃ればその町は滅びるのだから、自治体が中心となり、関係者と一体となり、地域公共交通を支える方策を考え、実行していかなければならない、としている。
http://www.sanyonews.jp/article/666313/1/?rct=area_syuyo


この件で、岡山選出の高井たかし衆議院議員(立憲民主)が、国土交通省自動車局のバス産業活性化対策室長に話を聞いた。
>何度聞いても、「道路運送法の認可基準に照らし問題ない」との答え、とのこと。
2002年の規制緩和の悪影響が今もでているといいうことだと思います。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (6)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (9)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード