FC2ブログ

2018-11

堺市 阪堺線の支援策提示 10年間で50億円めど

堺市は6月30日、赤字が続く堺市内の阪堺線に対する支援策を、阪堺電気鉄道に提示しました。
http://www.nikkei.com/life/news/article/g=96958A9C93819890E1E2E2E0888DE1E2E2E4E0E2E3E29E9693E2E2E2;da=96958A88889DE2E0E3EAEAE7E6E2

骨子は
1,来年度から10年の間、利用者拡大に向けた運賃引き下げや、施設保守などに必要な経常的経費を毎年2億円を上限に助成。
2,乗り降りしやすい低床車両の導入、運賃支払いのICカード化など、利用者の利便性を高める投資の補助として10年間で30億円を充てる。
3,市が施設、車両を保有し、阪堺の費用負担を軽くする上下分離についても協議開始する。

竹山市長は「単なる赤字補てんではなく、阪堺線がこれから元気になる、より大きくなるための投資」と説明しいるということですが、堺市駅~堺駅間のLRT計画の中止の中で、「元気になる」ために、財政補填をしても、これで利用者が増え、文字通り元気になるかどうか、よくわかりません。
少なくとも10年間は延命するということでしょうか。その間に、LRTなど、公共交通に関する議論もすすむのでしょうか。市民からの利用促進の運動は起こるのでしょうか。
みなさんは、どのように思われますか?
(TK)
スポンサーサイト

テーマ:地域公共交通 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotsugoikenban.blog54.fc2.com/tb.php/37-41546ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (17)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (6)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (12)
地方鉄道 (9)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)
BRT (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード