2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス・コミュニティバスを活用した宅急便輸送

ヤマト運輸貨客混載
ヤマト運輸のプレスリリース
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h29/h29_64_01news.htmlと、
(EIC) http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&serial=39679
によると、
奈良県内の2箇所で、「貨客混載」の社会実験をやるという。
(1)天川地区では、奈良交通洞川線で、大淀バスセンターで、セールスドライバー(SD)が宅急便を積み込み、天川川井バス停で、現地のSDが荷物を受け取り宅配する。
(2)奥宇陀地区では、コミュニティバス「奥宇田わくわくバス」の受託者の奈良交通の榛原営業所で宅配便を車内に積み込み、集配エリアの掛西口バス停で、現地のSDが荷物を受け取り宅配する。
いずれも、2017年10月1日から、2018年3月31日迄。
奈良県の予算を活用する。
メリットは、
(1)地域住民にとって、地域のバス路線網が維持されることにより、交通利便性が維持される。
(2)奈良交通・宇陀地域協議会にとって、バス路線網の維持につながる新たな収入源を確保することができる。
(3)ヤマト運輸にとって、担当SDの往復走行距離と時間が削減されることにより、SDが休憩時間をより取りやすくなるとともに、集配時間を拡大することができる。
奈良県では初めて。
他府県では、岩手県(2015年6月)、宮崎県(2015年10月)、北海道(2016年9月)、熊本県(2016年10月)、兵庫県(2017年6月)で行われているとのこと。

<コメント>
ドライバーの負担が減って、バス路線の採算改善、維持にも貢献するとは、いい方法だと思います。いずれも1時間近くバスで輸送していることになり、このぐらい離れた町の場合は有効だが、大都会では当てはまらないと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kotsugoikenban.blog54.fc2.com/tb.php/88-ad98f327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。