2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“非鉄道会社化”する鉄道会社?

Business Journal で次のような記事があった。
「本業が稼げない…“非鉄道会社化”する鉄道会社?家事代行、健康相談等で生き残り模索」
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10588.html

曰く、

○それまで、“上客”とされてきた通勤客は、団塊の世代が一斉退職したことで減少し、通学客も少子化の影響で増える見込みはない。減少した売り上げをカバーするべく、鉄道会社は鉄道事業以外でも収入を増やそうと模索している。

○2014年度の売上高は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2兆7500億円、西日本旅客鉄道(JR西日本)は1兆3500億円だが、そのうち非鉄道事業は東日本が8400億円、西日本が7900億円を占めている。

○京王を例にとると、新宿に百貨店、西新宿に京王プラザホテル、沿線に京王ストアのチェーン。

○高度経済成長期に造成された多摩ニュータウン、近年は団塊の世代の退職、高齢化(高齢化率40%)により、旅客人員が激減。このままいけば、需要減→便数の削減→人口減のマイナススパイラルにおちいる。

○京王は、07年に「京王ほっとネットワーク」事業をスタートしている。同事業は、高齢者の生活サポートが目的で、系列の京王ストアで製造・販売している弁当を自宅まで配達するサービスがメインだ。同年には、浴室やキッチンのリニューアルや外壁塗装といったリフォーム業を手がける「住まいのサポートサービス」も開始した。

○さらに、08年に家事代行サービス、09年に買い物代行サービス、10年にはホームセキュリティサービス、と年を追うごとに拡大している。

○さらに、沿線価値創造部を発足させ、経産省とタッグを組み、13年から移動販売車による買い物支援を始めており、

○さらに今年から同事業を深化させた施策を始めた。『暮らしの保健室』と銘打って試験的に始めた健康相談事業は、多摩市と連携した事業で、移動販売車に保健師が同乗し、買い物に来た高齢者などの健康チェックを行っている。

○6月から始めた空き家巡回サービスは、所有者に代わって空き家を定期的に巡回するサービス。この事業は、沿線の価値や魅力を維持するとともに、活気のある沿線づくりを目指したもの。


コメント
・鉄道のまちづくりに対する影響は大きいということ。
・関東では、関西に比べてポテンシャルが大きいのではないか。
・関西、たとえば、京阪樟葉では、駅前は、タワーマンションを建て、モール街をリニューアルし、利便性は向上、賑わっているが、駅からバスで20分ぐらい行ったところ(たとえば男山)は、スーパーマーケットも少なく、利便性に欠き、土地の価格も下落している。鉄道と自治体が協力して利便性向上、活性化を図る必要があるのではないか。

四日市あすなろう鉄道運行開始

近鉄内部・八王子線が、四日市あすなろう鉄道として、新たなスタートを切った。
http://s.response.jp/article/2015/04/01/248048.html

内部・八王子線は、近鉄四日市~日永~内部間5.7kmを結ぶ内部線と、日永~西日野間1.3kmを結ぶ八王子線からなり、線路の幅が762mmと狭い「ナローゲージ」の鉄道として知られる。

スキームは次のようである。
http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/140327-2utsubehachioji.pdf

四日市あすなろう鉄道株式会社(平成26 年3 月27 日設立)
資本金5千万円、近畿日本鉄道株式会社(75%)、四日市市(25%)

これまでは、近鉄が第1種鉄道事業者として所有、運行しているが、

平成27年4月1日からは

四日市あすなろう鉄道株式会社が第二種鉄道事業者として
車両・土地を無償貸付、鉄道施設・車両を借り受けて
運行・営業業務を行う。

四日市市は、第三種鉄道事業者として
鉄道施設・車両を所有する。

採算等はこのニュースからはうかがえない。

伊賀鉄道とほぼ同じスキーム。

コメント
これで、結果どうなるか、見守りたい。(tk)

四日市あすなろう鉄道



伊賀鉄道の公有民営方式 2年後の移行に向け確認書締結

伊賀鉄道の公有民営方式が決まったようです。
伊賀younet http://www.iga-younet.co.jp/news1/2015/03/2-63.html
伊賀鉄道のHP http://www.igatetsu.co.jp/150327_new-scheme%20press.pdf

伊賀上野・伊賀神戸駅間 16.6キロ、14駅の伊賀線は経常損益△316百万円/年(13年度)なっていた。
17年4月の移行を目指して、国土交通省に申請手続きに入る。

スキームは
近鉄から伊賀市へ、一時金3億円の支払い
鉄道施設・車両の無償譲渡
用地の無償貸与

移行後の分担は、
伊賀鉄道が第2種鉄道事業者として、運行・営業を行う。
伊賀市が、第3種鉄道事業者として、施設・車両の所有・維持管理を行う。

市が試算した収支では、初年度が2800万円の赤字、10年目の26年に黒字化を目指す。

市の維持管理にかかる費用は、10年間で、1億8400万円と見込んでいる。

公共が施設を持ち、維持管理を行うことにより、鉄道の運営が楽になる。
伊賀線路線図
(伊賀鉄道HPより)
今後の推移に期待したい。

(tk)




姫路駅前広場フィールドワークに参加して

商店街の去る11月7日、都市計画学会関西支部の主催、姫路駅前広場のフィールドワークに参加しました。

姫路駅連続立体交差事業に関連して駅周辺の北側で区画整理が行われている。
そこには駅前広場の整備が含まれている。駅前部分は今年度で概成とのこと。

〇駅前広場の当初の計画では、西側1/3には、多くの島式バースを備えたバス乗降場、中央付近には、タクシー乗降場待機場、東側1/3には、一般車乗降場・駐車場といった具合で、歩行者空間は非常に少なかった。計画では、地元の商店街が、駅との間に車の通る道路があり、今まで直結していたのが分断されると反対があった。
〇それを受け、市では、広場計画の案を公募した。
〇それらの案について、地元商店街や、NPO、区画整理の権利者、行政からなる、ワークショップのような協議会が持たれ、結果歩行者空間が大幅に増えた案が成立した。
〇その協議会を事務局で支えたのが、一般社団法人ひとネットワークひめじ理事の米谷啓和氏。氏は建築家と思われるが、この協議会前にも、グループで、議論してきたという。
〇さらに、駅周辺500m四方の街区は基本一般車進入禁止になった。警察との軋轢はあったが、最終は納得したという。
〇駅から姫路城にいたる大手通は、全幅50mだが、歩道は、東側18m、西側16mの広幅員の歩道を持つ。聞けば、6車線あった車道を4車線に縮小し、歩道を広げたとのこと。
〇まだ工事途中であるが、駅前広場を活用したイベントをバンバンやっている。
http://www.city.himeji.lg.jp/s70/2212598/_29914.html

駅前を歩行者の広場とする成功例だと思う。
(t.k)

姫路駅前広場フィールドワークに参加して »

泉北高速鉄道・南海線の値下げ

南海電鉄の泉北高速鉄道は、公約通り、南海線と泉北線との乗継に関して、値下げ実施の計画を発表しました。
http://www.semboku.jp/wp-content/uploads/2014/11/16cf0683db574243fd5b45d3e44fc7c6.pdf

それによると、泉北鉄道と南海高野線を乗り継いで、難波まで行く場合に、80円値下げになるとのこと。

ただし、回数券、定期券には適用されないとのこと。

プレス資料では、

・南海・泉北連絡定期乗車券をご利用されるよりも、連絡普通乗車券をご利用いただいたほうが安くなる場合があります。

・回数券を組み合わせて利用されるよりも、連絡普通乗車券をご利用いただいたほうが安くなる
場合があります。

と言っています。

もう一つ、「中百舌鳥地下鉄に乗りついだ場合は、安くなる場合があります。」

とは書いていません。

もっとも、現実の利用者はみんな知っていることかも知れません。

また、交通費を支給する企業も、地下鉄に乗継ぐルートを限度額にすることが予想されます。

乗継フリー、統一運賃が望まれます。

«  | ホーム |  »

プロフィール

交通ご意見番

Author:交通ご意見番

「交通ご意見番」へようこそ
NPO法人地域デザイン研究会

 NPO法人地域デザイン研究会は、まちづくりに関係する公共団体・コンサルタント・建設・鉄道・企画・広告・銀行・エネルギー等、多くの分野に携わる者が、都市・地域づくりに貢献するため設立したものです。そして、これまで20年間(法人設立は2000年)、研究を積み重ね、その成果を社会に発信してきています。
 今回、その中の公共交通分科会において、「交通ご意見番」を開設しました。日常生活において、大変重要な「交通」ついて、現状からの問題点など、ご意見をお寄せいただければ幸いです。ご意見をメールでお寄せいただくことも出来ます。
koutsugoikenban@npo-rdi.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
交通ご意見番 (2)
交通案内システム (1)
地域交通 (16)
1000円高速 (1)
阪神なんば線 (1)
新幹線 (2)
北陸新幹線 (2)
関西国際空港 (1)
? (0)
関西の鉄道 (6)
公共交通基本計画 (1)
??? (0)
コミュニティバス (5)
新線計画 (3)
交通政策 (6)
交通基本法 (2)
地域公共交通 (8)
地方鉄道 (8)
公共交通 (2)
大阪御堂筋LRTとみどり軸 (1)
東北沿岸鉄道 (2)
東北の鉄道 (0)
路面電車 (1)
都市鉄道 (2)
レンタサイクル (1)
駅とまちづくり (1)
上下分離鉄道 (1)
泉北高速鉄道 (1)
デマンド交通 (1)
駅とまち (1)

FC2カウンター

アクセス回数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。